HARG療法について

AGA病院の治療法には医薬品を処方して行う方法の他に、HARG療法と呼ばれるAGAの治療法が有ります。そもそもAGAと言うのはどのようなものなのかと言いますと、主に男性の中でも20代から30代にかけての若い男性、40代に入った男性に多く見られる薄毛で、別名男性型脱毛症と呼ばれている薄毛がAGAであり、AGAは遺伝性の脱毛症であることや、そのまま放置しておくと全ての毛髪が抜けてしまうなどの進行型の薄毛であり、早めに治療を行う事が必要であり、尚且つ、治療を行う場合にはAGAの専門医がいる病院での治療を受ける事が脱毛症を克服する秘訣と言われているのです。
AGAのメカニズムと言うのは、遺伝子に関与すると言われており、専門病院では血液を採取してAGAの特定を行い、患者さんの症状に合わせた形で治療を進めて行きますが、多くの病院はプロペシアと言う医薬品とミノキシジルと呼ばれる育毛剤を併用して治療を行う事で、脱毛症を克服し、更に育毛を期待する事が出来ると言う治療法で行われているのです。プロペシアには男性機能を低下させてしまうと言う副作用が稀に起きる事が在ると言われており、病院での血液検査を受ける事が副作用を生じさせないコツとも言います。

 
男性機能と言うのは、精子量の減少、勃起不全、瀬意欲の減退、EDなどであり、これらの症状が現われてしまう事で子孫を残せないなどのデメリットが生じる事が在ると言われており、AGAの専門病院では医師による血液検査を行うなどしたうえで、プロペシアが処方されて治療を進めていく形になるのです。最近はプロペシアを利用しないAGAの治療法も存在しており、その治療法がHARG療法で、HARG療法はプロペシアとは異なり、幅広い薄毛に対して有効で在る事、プロペシアのような副作用が起き無い事、そして男性だけではなく女性の薄毛でもある女性男性型脱毛症(FAGA)とも言われている瀰漫性脱毛症に対しても発毛および育毛の効果が期待できる事からも注目されているのです。

 

 

HARG療法は発毛率が高いと定評がある治療法で在ると同時に、治療を受ける事が出来る人が幅広いなどの特徴を持ちますが、薄毛にはそれぞれ原因が有り、原因を究明する事で治療を可能にしていくことが出来ます。男性型脱毛症は、男性ホルモンの一種のテストステロンと5α-還元酵素とが結びつくことで、テストステロンは別の男性ホルモンでもあるDHTに変換されることになり、DHTはヘアサイクルを乱してしまい、これが原因で抜け毛が多くなり、その結果M字の薄毛やO字の薄毛を作り上げてしまうのです。
プロペシアによる治療法と言うのは、DHTに変換してしまう原因となる5α-還元酵素を阻害する方法であり、5α-還元酵素を阻害する事でテストステロンはDHTに変換されることが無くなるため、薄毛の症状を引き起こす要因を取り除き、ヘアサイクルを正しくするので発毛を期待出来るとしているのです。
しかし、プロペシアに効果を持つのは5α-還元酵素を阻害すると言う作用であり、男性型脱毛症のみに効果を期待出来ると言う特徴を持って居るため、他の薄毛には効果が無いのです。
HARG療法はAGA病院の治療法の一つとして注目されている手法であり、男性のみならず女性でも発毛や育毛の効果を期待する事が出来ますし、様々な薄毛に対する効果を期待出来る事からも注目が行われているのです。尚、この治療法は頭皮に直接HARGカクテルを注入すると言う治療法で、HARGカクテルは患者さん一人一人に合ったものを調合して注入すると言う特徴があり、これには多種多様な成長因子を初め、発毛や育毛に効果を持つ様々な栄養分となるビタミン類、アミノ酸などの有効成分が含まれていて、これらの成分が固有の効果を発揮するため、発毛や育毛の効果を期待出来ると言われているのです。HARG療法のパイオニアであるHARG治療センターの値段やその治療内容の詳細はこちらに記載してあるので、カウンセリングに行かれる際には、事前にチェックすることをおススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です