自毛植毛

AGA治療には様々な方法があるとされていますが、その中でも自毛植毛はAGAに非常に有効な方法だとされています。そもそもなぜ薄毛になるのかという原因については、男性ホルモンであるテストステロンが、頭頂部や前頭部に多いとされている5αリダクターゼ還元酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)という強力な脱毛ホルモンに変化してしまうと、このジヒドロテストステロンは男性ホルモン受容体と結びつくことでTGF-βという脱毛因子を産生してしまい、結果的に頭頂部から前頭部にかけての毛包が短くなるミニチュア化現象が起き薄毛へと発展するのです。自毛植毛はどんな方法によって薄毛を改善していくのかというと、自分の健康な髪の毛を様々な方法によって採取して、それを薄毛が進行している部位に移植していく方法ですが、実際にはどんな方法で行うのか考えてみましょう。

 

一口に自毛植毛と言ってもその種類は大きく分けと二通りあり、一つは毛包単位植毛と呼ばれる「FUT法」と、もう一つはくりぬきグラフト採取である「FUE法」とされており、どのように移植する髪の毛を採取するかによって方法が異なるとされています。FUT法は、後頭部や側頭部などから髪の毛を皮膚片ごと帯状に採取して、切り取った皮膚片をまたいくつかの株に分けてからその分けた株を一つ一つ薄毛が進行している部位に移植を行っていく方法ですが、手術にかかる費用は比較的安くできるものの、皮膚片を切り取った後の傷跡が大きく残ってしまうのがデメリットとされています。人間の髪の毛というのは、2~3本ずつの髪の毛が束になって1~2ミリ間隔で生えているのですが、FUT法が皮膚片ごと髪の毛を採取するのに対しパンチグラフトという植毛用のドナー採取を毛根ごと一つずつくり抜いていく方法で、傷跡が残らないことと採取したドナー採取に触れる機会が少ないために生着率が高いとされており、狭い範囲での植毛などに適しているとされていますが、採取はすべて医師の手作業で行われるため、ある程度薄毛が進行した状態の場合にはたくさんのドナー採取が必要となるため不向きとされています。

 

自毛植毛のメリットデメリットについて考えてみると、ミノキシジルやプロペシアなどの一般的な投薬治療に比べると、体への副作用が少なく一度手術を行って発毛するようになればその後は自分の髪の毛として周囲の髪の毛と同じように抜けては生えて、生えては抜けてのヘアサイクルを繰り返していきますので、継続して治療を行う必要がないというところは利点だとされています。増毛法やウィッグ、人工毛植毛などのようにすぐに生えてくるわけではなく、十分な長さにまで生え揃うまでには半年から1年ほどかかるとされていますが、定期的なメンテナンスが必要はないのでランニングコストがかからない点もメリットと言えますが、最大のデメリットとしては費用が非常に高いというところです。基本的にAGA治療費は保険適用ができないためにすべて自由診療となるのですが、その中でも植毛は費用が高い治療法であり、移植本数が少なくて済むとされている前頭部の手術の場合でも50~60万ほど手術費用がかかるとされており、薄毛の進行度合いが深刻であればあるほど移植本数が増える分費用も高くなっていくとされています。ただ、確実に自分の髪の毛を生やしたいと考えているのであれば画期的な方法であり、もう二度と生えてこないのではないかとあきらめていた部分にさえ再び髪の毛を生やすことができるという点では唯一の方法だとされていますので、手術を受ける際には十分に検討してまた専門クリニックの医師に相談しながら決めていくのが望ましいと言えるでしょう。