著者アーカイブ: admin

薄毛の原因が主に男性ホルモンによるものであることが分かり、AGA専門の病院もでき有効な治療薬が処方されています。

 
男性型脱毛症のAGAは、テストステロンという男性ホルモンが前頭部や頭頂部にある5αリダクターゼという物質によってジヒドロテストステロンという毛母細胞の働きを悪くして毛のサイクルを短くしてしまうホルモンに変えてしまうことが原因であることが分かったのでAGA病院の治療法としては5αリダクターゼやジヒドロテストステロンの働きを抑制したり、また頭皮の血流をよくして栄養をいきわたらせ、毛母細胞に刺激を与えることで毛のサイクルを元の状態に戻していけるような成分を配合した治療薬を処方しています。

 
毛のサイクルは成長期、退行期、休止期とあり、通常なら2年から6年の成長期の間に毛はどんどん太く長く成長していくのですが、ジヒドロテストステロンの影響を受けると、成長期が半年から1年という短い期間となるので、太く長く成長しきれない細くて短い毛が退行期を迎えて抜け落ちていくことになるので、細くて短い毛が抜けるということはAGAの特徴でもあるのです。
さて、AGA病院の治療法の指標となるものに日本皮膚科学会が作成したガイドラインがあり、それにはAGAの治療法、改善法として使われる成分はいくつかあるなかで度の成分が有効性があって副作用が少なくて治療として用いるのに推奨できるかということを臨床データをもとにして推奨度A、B、C1、C2、Dの順にランク付けされています。

 
その中で「行うよう強く勧められる」という推奨度Aとされているのは、ミノキシジル外用薬とフィナステリド内服薬の二つで、ミノキシジル外用薬に関しては臨床データの結果、有効性があり副作用も少ないことで、男性にも女性にもAランクとして推奨されています。フィナステリド内服薬については、5αリダクターゼを抑制する働きがあるものですが、男性に関してだけがAで、女性に関してはDとなっているので、男性においてのみ強く勧められる成分です。

 
そこで、AGA専門の病院ではこの二つの成分を使用した治療薬を処方しているのです。

 
また市販の育毛剤の中にもミノキシジルが配合された育毛剤があるのですが、日本国内でミノキシジル配合の育毛剤を作って一般的に市販されているのは一社のメーカーだけで、他には海外輸入のものや、AGA専門病院が独自で開発して処方しているというものもあります。AGA専門の病院がオリジナルで開発した育毛剤としてRebirthというものがあるのですが、内服用のタブレットと直接頭皮に塗布して毛根に刺激を与える外服用のリキッドがあってセットで数カ月から1年間継続して使用するというものです。外用薬のリキッドは高濃度のミノキシジルが配合され、内服薬のタブレットはミノキシジルを理想的に配合し、その吸収を高めるためのビタミンやミネラル、アミノ酸なども配合され、特許成分も含まれているものです。

 
Rebirthを使用すると、3か月くらいで産毛が生えてきて成長をして太くなり、1年くらいの使用でそれ名まで効果がなかった部分のも改善されるようになり、その後は使用量を徐々に減らしていきながら維持していくというものです。コストは内服薬と外用薬のセットで3万円から4万円くらいして、その病院の診察料や検査料などを含めると5万円くらいかかりますが、実際に使った人からの口コミでは「使用して半年で、前頭部と頭頂部に効果が出てきました」「小さな毛がだんだん生えてきました」というふうに99.4%の人が効果を実感したということがデータで出てきています。
AGAスキンクリニックのRebirthは、病院のオリジナル治療薬なので、その病院に行くことで入手をすることができますが、自分でいろいろな育毛剤を試して効果を感じられないより、専門の病院で医師の診断のもと、有効な治療法を試すことで時間とコストの無駄が省け、効果を実感することができるのです。

AGA病院の治療法には医薬品を処方して行う方法の他に、HARG療法と呼ばれるAGAの治療法が有ります。そもそもAGAと言うのはどのようなものなのかと言いますと、主に男性の中でも20代から30代にかけての若い男性、40代に入った男性に多く見られる薄毛で、別名男性型脱毛症と呼ばれている薄毛がAGAであり、AGAは遺伝性の脱毛症であることや、そのまま放置しておくと全ての毛髪が抜けてしまうなどの進行型の薄毛であり、早めに治療を行う事が必要であり、尚且つ、治療を行う場合にはAGAの専門医がいる病院での治療を受ける事が脱毛症を克服する秘訣と言われているのです。
AGAのメカニズムと言うのは、遺伝子に関与すると言われており、専門病院では血液を採取してAGAの特定を行い、患者さんの症状に合わせた形で治療を進めて行きますが、多くの病院はプロペシアと言う医薬品とミノキシジルと呼ばれる育毛剤を併用して治療を行う事で、脱毛症を克服し、更に育毛を期待する事が出来ると言う治療法で行われているのです。プロペシアには男性機能を低下させてしまうと言う副作用が稀に起きる事が在ると言われており、病院での血液検査を受ける事が副作用を生じさせないコツとも言います。

 
男性機能と言うのは、精子量の減少、勃起不全、瀬意欲の減退、EDなどであり、これらの症状が現われてしまう事で子孫を残せないなどのデメリットが生じる事が在ると言われており、AGAの専門病院では医師による血液検査を行うなどしたうえで、プロペシアが処方されて治療を進めていく形になるのです。最近はプロペシアを利用しないAGAの治療法も存在しており、その治療法がHARG療法で、HARG療法はプロペシアとは異なり、幅広い薄毛に対して有効で在る事、プロペシアのような副作用が起き無い事、そして男性だけではなく女性の薄毛でもある女性男性型脱毛症(FAGA)とも言われている瀰漫性脱毛症に対しても発毛および育毛の効果が期待できる事からも注目されているのです。

 

 

HARG療法は発毛率が高いと定評がある治療法で在ると同時に、治療を受ける事が出来る人が幅広いなどの特徴を持ちますが、薄毛にはそれぞれ原因が有り、原因を究明する事で治療を可能にしていくことが出来ます。男性型脱毛症は、男性ホルモンの一種のテストステロンと5α-還元酵素とが結びつくことで、テストステロンは別の男性ホルモンでもあるDHTに変換されることになり、DHTはヘアサイクルを乱してしまい、これが原因で抜け毛が多くなり、その結果M字の薄毛やO字の薄毛を作り上げてしまうのです。
プロペシアによる治療法と言うのは、DHTに変換してしまう原因となる5α-還元酵素を阻害する方法であり、5α-還元酵素を阻害する事でテストステロンはDHTに変換されることが無くなるため、薄毛の症状を引き起こす要因を取り除き、ヘアサイクルを正しくするので発毛を期待出来るとしているのです。
しかし、プロペシアに効果を持つのは5α-還元酵素を阻害すると言う作用であり、男性型脱毛症のみに効果を期待出来ると言う特徴を持って居るため、他の薄毛には効果が無いのです。
HARG療法はAGA病院の治療法の一つとして注目されている手法であり、男性のみならず女性でも発毛や育毛の効果を期待する事が出来ますし、様々な薄毛に対する効果を期待出来る事からも注目が行われているのです。尚、この治療法は頭皮に直接HARGカクテルを注入すると言う治療法で、HARGカクテルは患者さん一人一人に合ったものを調合して注入すると言う特徴があり、これには多種多様な成長因子を初め、発毛や育毛に効果を持つ様々な栄養分となるビタミン類、アミノ酸などの有効成分が含まれていて、これらの成分が固有の効果を発揮するため、発毛や育毛の効果を期待出来ると言われているのです。HARG療法のパイオニアであるHARG治療センターの値段やその治療内容の詳細はこちらに記載してあるので、カウンセリングに行かれる際には、事前にチェックすることをおススメします。