ARTAS植毛

皮膚科によるミノキシジルをはじめとする内服薬の処方の場合は副作用が気になる。薬局で販売されている育毛剤や発毛剤そしてサプリメントは、効果がすぐにあらわれないだけでなく毎日の塗布も面倒という不安が頭をよぎりつつも、進行すればするほど高い発毛効果にすがりたくなる薄毛。悩みのある人に対するAGA病院の治療法は、近年、ますますバリエーションが増えていますが、高い確率で発毛効果があるとされているAGA病院の治療法として、自毛植毛があげられます。一般的に自毛植毛を行うときには、薄毛の原因とも言われている男性ホルモンの影響が少ない後頭部からドナーを採取しますが、採取には手術を要するため傷跡が残るだけでなく、短髪の場合はどうしても目立ってしまいますし、再びドナーを採取するさいには場合によっては傷跡が広がってしまうというデメリットが生じてしまいます。
そんな従来の自毛植毛によるデメリットを克服しつつ、副作用のない自毛植毛のメリットを最大限に生かす最新式の自毛植毛が、人間の英知を投入したロボットによるARTAS植毛であり、肉体的にも精神的にも苦痛や負担が軽減されるだけでなく、術後のケアという面においても多くのメリットがあるAGA病院の治療法です。

 

一般的な自毛植毛は医師の手術によって後頭部からドナーを採取する手法をとりますが、この方法ですと術後に傷跡が残るだけでなく時間がかかるため患者の心身にかかる負担が多く、また手術する医師の技術にも大きく左右されるという特徴があります。この従来型の自毛植毛と比べてコストの面では高くなるものの、植毛ロボットを駆使した最新式の自毛植毛であるARTAS植毛は、ドナーを採取する部分をデジタル画像の解析によって瞬時に分析するため、極めて短時間かつ質の高い毛包を採取できることはもちろんのこと、従来の自毛植毛のように切らないので傷跡が残ることはなく、せいぜい一日か二日間位かさぶたができる程度で見た目にも採取したことがわかりません。

 
さらにARTAS植毛は、AGA病院の治療法のなかでは最も最新鋭のテクノロジーを駆使した治療法であり、ドナーの採取も一時間で500本以上も可能であることから、人間が手術で行うスピードの数倍もの早さで治療が進み、しかも移植する株を一株ずつ細い針で採取するために質の高いドナー採取を実現しつつも、従来型の自毛植毛のように抜糸のために通院する必要もなく一回で施術が終了します。移植した毛については、一ヶ月程度で一度は抜け落ちますが、三ヶ月経ったあたりから産毛のような細い毛が生えはじめ、約一年程で太い毛へと成長を遂げます。

 

 

従来の自毛植毛では肉体的にも精神的にも不安や苦痛の原因でもあった傷跡が残らないARTAS植毛は、AGA病院の治療法として今後も更なる発展が期待されているだけでなく、傷跡が残らないためにオシャレなショートヘアーも楽しめるため、さまざまな悩みから解放されるバリエーションが増えるというメリットがあります。また、ARTAS植毛だけでも十分な薄毛の解消効果はありますが、ミノキシジルをはじめとする内服薬を処方したり、発毛や育毛を促進する各種セラピーやサプリメントの摂取などを併用することで、よりスピーディーな植毛の効果が期待できます。頭部は日常生活において隠すことができず、特に薄毛は目立ってしまうので、ついつい視線が集まってコンプレックスとなり、仕事や人生そのものへの自信喪失にもつながりかねません。そんな薄毛に悩む人が、手術の傷跡も残さず確実に自毛を移植させる最新式のAGA治療法と出会うことで、ヘアスタイルへのコンプレックス解消だけでなく、仕事や人生にも自信を取り戻していただきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です