AGA病院の治療薬であるザガーロについて

AGAとも呼ばれる男性型脱毛症にかかってしまった場合、そもそも治るものなのでしょうか?
結論としてはきちんと治す方法については存在しており、自毛植毛も一つの方法ではありますがより安価で治すことができる方法としてはプロペシアやザガーロなどといった飲むタイプのAGA治療薬を使用する方法が有効で、長期的に改善に取り組んだ結果頭皮にみられる悩ませがちな脱毛状態が解消されます。

このうちザガーロについて説明すると、大手製薬会社であるグラクソ・スミスクライン社から2016年6月13日に発売されたばかりのAGA治療薬であり、現在商品として販売されていて入手が可能なのはカプセルタイプの0.1mgのものと0.5mgの商品となっています。
主成分はデュタステリドと呼ばれる成分で、これはメルク・アンド・カンパニーというこちらも大手の製薬会社から販売されている有名なAGA治療薬のプロペシアに含まれている成分であるフィナステリドと同じく「Ⅰ型Ⅱ型5α-還元酵素阻害薬」と呼ばれる薬に分類されていて、服用した後に髪の生え際や頭頂部などにおける効果については世界初の飲む脱毛治療薬として全世界で有名な薬であるプロペシアと比較した場合にプロペシアよりもさらに強力に作用するというメリットがあります。
どうやってザガーロが体内で効くのかについてメカニズムをみていくと、まずAGAの症状を引き起こす原因の一つとされているのが男性ホルモンによるものですが、ただ男性ホルモンが多いということがすぐに男性型脱毛症を引き起こすということにはならないことを覚えておくようにします。
男性型脱毛症を引き起こす仕組みとしては、男性ホルモンの仲間であるテストステロンと呼ばれる成分がジヒドロテストステロンと呼ばれる成分に変換されることが原因となっていて、ジヒドロテストステロンに変換された影響によって通常においては頭皮から普通に生えてくるはずの髪が少しずつ細くて短い軟毛という頼りない印象の髪へと変化してしまい、その状態が進行してしまうと最終的には毛が生えてこなくなってしまうというのが男性型脱毛症の症状を引き起こすメカニズムです。
そのため、脱毛を発生させないようにするにあたってはテストステロンがジヒドロテストステロンへと変換されないように原因となる物質の働きをザガーロを服用することによって阻害するようにすればよいことがいえます。

 

ザガーロの使用方法については、1日1回0.1mgかあるいは必要に応じて0.5mgの用量のカプセルを服用するようにします。特徴としては、この医薬品は食事の影響を受けることなく服用することが可能な点がメリットといえ、食前・食後のどちらでも服用できるという点で服用しやすいことから、プロペシアほどではありませんが現在この医薬品の人気は高まってきています。
基本的には副作用による症状が少ないため、こうした点も服用のしやすさにつながっている面はありますが副作用についてはまったくないというわけでもなく、服用することによって一時的にEDにかかってしまったり精力が減退してしまう可能性について報告されていますが頻度についてはそう多いというわけではありませんので、用法や用量をしっかりと守っている間はひとまず極端に心配されるようなことはないと考えることは可能です。
ザガーロを服用する場合は、ほかの注意事項として女性の服用や20歳未満に該当する子どもの服用については健康悪化が懸念されるため認められていませんので、男性で脱毛症にかかっている人だけが服用することができるということを頭へと入れておく必要があるほか、肝機能障害にかかっている人の服用も禁じられていますので注意しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です