AGA病院の治療法で使われるケトコナゾールシャンプーとは

AGA病院の治療法としては、投薬による治療が中心に行われており、その投薬の元となる治療薬のすべてが海外で開発された薬となっています。そのような背景から日本ではAGA治療薬としては未認可ながら海外でAGA治療薬として使われている薬も多く、そのひとつがケトコナゾールになります。

 

 

そもそもAGAは、男性型脱毛症のことで、主に加齢による脱毛が始まるにはまだ早い50代までの人で起こるものを指しており、毛の育成サイクルが不正常になることで発生しますが、その原因としては生活環境による頭皮環境の悪化や男性ホルモンの影響などが考えられています。毛の育成サイクルは成長期、退行期、休眠期のサイクルを経て絶えず生え変わっていますが、このサイクルが乱れることで正常な発毛が困難になり、それが次第に薄毛へとつながり最終的には脱毛症となってまったく毛が生えないケースもあります。脱毛症のうち局所的に現れるものはストレス性か、何らかの疾患が考えられますが、それ以外の全体的に生え際が後退するといったものや、頭頂部のみ薄くなるといった場合にはAGAに該当します。

 

 

AGA病院の治療法は、その原因を突き止め、それに合わせて投薬を行うのが一般的で、投薬ではミノキシジルやフィナステリドといった有効成分が配合された薬が使われます。ミノキシジルはもともとは血管拡張剤として開発された薬ですが、副作用として発毛効果が確認されて、改めて発毛剤として使われており、発毛剤としてはアメリカではロゲイン、日本ではリアップなどの商品名で知られ、発毛効果が確認されている有効成分として一般にも広く知られており、AGA病院の治療法でもスタンダードに処方される薬ですが、メカニズムとしてはミノキシジルの成分が頭皮で留まることで、効果を得られるものであるため、継続して使用する必要があります。一方で、フィナステリドは前立腺肥大症の治療薬として開発されたもので、男性ホルモンに作用する薬でしたが、それが脱毛の原因となる男性ホルモンにも作用するため、脱毛を抑えることができます。フィナステリド自体に発毛効果はありませんが、脱毛の原因を内側から抑えることで毛の成長サイクルを正常化することが可能で、口コミや臨床データでも高い発毛効果を示しています。

 

 

一方で、近年使われるようになってきたのが、ケトコナゾールシャンプー世界でもっともよく使われている真菌防止の作用があるシャンプーとして知られています。このケトコナゾールの有効成分の働きとしては、もともとは水虫やカンジダなどの真菌性の抗菌薬として開発されたものでしたが、副作用として発毛効果があります。国内では真菌治療に対して病院で処方されている外用薬として知られていますが、AGA治療薬としては認可されていませんが、臨床データによれば、ケトコナゾールは、フィナステリドと同様に男性ホルモンを抑制する効果があることおがわかっており、1998年には2%のケトコナゾールシャンプーと2%のミノキシジル外用薬の効果は同等という論文も発表され、またフィナステリドを単独で使ったり2%のミノキシジル外用薬を単独で使うよりも、フィナステリドと2%のケトコナゾールシャンプーを併用して使う方が発毛の効果が強いという論文も発表されています。

 

 

ケトコナゾールを利用する場合には、従来の真菌治療に使われるクリームを塗るタイプとシャンプーにその成分が配合されているものを使うことになりますが、人によっては刺激が強く出る場合もあり副作用も出るリスクがあるので、利用のさいにはミノキシジルやフィナステリドと同様に医師の経過観察をしてもらう必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です