AGA幹細胞再生治療の画期的な作用とメカニズム

育毛剤やサプリメントをはじめ、ミノキシジルタブレットなどの内服薬、さらには人工植毛や自毛植毛、頭皮への血流を促すマッサージや体操、そして生活習慣の見直しをはじめとして、AGA治療にはさまざまなタイプがあり普及してはいるものの、これらのどの方法を用いても発毛が期待できなかった深刻な薄毛に対するAGA病院の治療法の最前線ともいうべきものとして、AGA幹細胞再生治療があります。

 
幹細胞再生治療とは、人由来の生きた細胞を生み出す細胞である幹細胞の成長因子を頭皮へ噴射して、頭皮細胞に働きかける治療です。自分の頭皮から毛髪の元となる細胞を採取したり、自分自身の脂肪から幹細胞を取り出したり、他人の健全な細胞を採取するなどして頭皮に注入あるいは噴射しますが、薄毛の進行状況に合わせてミノキシジルなど発毛効果のある薬剤と組み合わせて治療がおこなわれることもあります。

 
幹細胞といえば代表的なものとしてES細胞やIPS細胞があるものの、自分自身の幹細胞を体内へ取り組むことは一般的でないのが現状であるものの、そのいっぽうで幹細胞が排出する幹細胞成長因子の使用は治療費も安価でもあることからAGAの治療にも取り入れられています。薄毛にはさまざまな要因がありますが、一般的に治療の方針としては、衰えている頭皮細胞や毛母細胞の働きを活発化させて発毛を促すというものです。幹細胞の成長因子は、そんな頭皮細胞や毛母細胞の働きを修復するだけではなく、新しい血管を形成したり、毛髪の環境を最適化したり、毛髪周期の活性化を促したり、さらには抗酸化作用もあります。これらが複合的に作用して、発毛や増毛が促進され、健やかに毛髪が成長する期間を保持します。

 
幹細胞の成長因子は、次のようなさまざまな種類が含まれています。たとえば、毛髪を構成するうえで不可欠なタンパク質であるケラスチンを増加を促進させる毛母細胞成長因子、休止期の毛包を成長期へと導く幹細胞増殖因子、皮膚や血管を再生するだけでなく協力な新生血管を形成し頭皮の血流を良くする作用がある塩基性繊維芽細胞成長因子、毛髪のみならず体内の損傷している細胞再生をサポートするインスリン様成長因子、頭皮の血流促進と毛包内の栄養補給に寄与する血管内皮細胞因子、さらには発毛を促進するタンパク質となる血小板由来成長因子といった成長因子が含まれており、基本的には一ヶ月に一回の治療において噴射されます。

 
気になる臨床データについてですが、ミノキシジルをはじめAGA治療に有効とされる薬の処方による治療よりも毛密度が大きく改善されることをはじめ、一平方センチメートルあたりの毛数や毛の太さや毛周期にも大きな改善が見られ、さらに副作用がないという結果が得られています。

 
治療にさいしては、薄毛の進行状況によって幹細胞成長因子だけでなく発毛に必要な有効成分を調合するために医師によるカウンセリングが行われます。治療中は注射ほどではないものの人によってはチクチクと感じるケースがあるものの、幹細胞成長因子によってもたらされる発毛や育毛のメカニズムの効果によって、毛包の成長の活発化のみならず毛包を保護や、有効成分の働きを保護し真皮層まで浸透させたり、毛髪を生物学的に制御することで育毛や発毛の促進をはじめ毛髪そのものの増量に作用します。

 
治療の効果については個人差があるものの、月一回の通院による治療を続けることで、半年から一年の間で発毛の効果があり、他の治療法と比べても高い効果が見られるだけでなく、副作用も少ないといったメリットもあり、これまでAGA治療で思うような結果が得られなかった人にとっては、将来性のある治療方法であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です