手頃な費用も魅力の最先端治療育毛メソセラピー

大手かつらメーカーが実施した調査によると、日本人の成人男性の薄毛人口は約1300万人で、約4人に1人の割合ということからアジアでは最も多いことが判明しています。しかし、それでも薄毛でない人の方が多いために目立ってしまい、さらに近年は男性も美容に関する意識が高くなっているので、社会的にも大きな影響を受けてしまい必要以上に悩んでしまうことも少なくはありません。
そこで、現在では様々な薄毛治療の方法が考案されており、医学的にも効果が確認された良質な治療も存在する状況となっているので、薄毛に対して打つ手がなかった過去の時代とは異なり悩みを解消することも可能です。

効果が期待できる薄毛治療の中で特に注目を集めているのが、治療目的に応じてIGF-1、VEGF、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸、銅ペプチド、フィナステリド、ミノキシジル、bFGなどの有効成分を注射器などを用いて頭皮に直接注入し、毛根を復活させて発毛及び脱毛防止効果を得るという育毛メソセラピーという最先端の医療技術です。男性の薄毛に対してだけではなく、女性に対しても実施できるということが魅力であり、生え際や頭頂部など部分的に薄毛になっているタイプでも全体的な軟毛化した様なタイプでも、弱々しい頭髪を強くて太い状態に変えることにより、状態を改善することが可能となっています。
頭髪は、毛根の奥に存在している毛乳頭という部分が毛細血管を通って運び込まれた栄養素を吸収することにより、毛母細胞が分裂して成長するのですが、永久にこの状態が続くのではなく、数年間かけて毛母細胞の活動は低下してしまい、やがて活動を完全に停止することにより寿命を迎えます。そして、健康的な状態であれば再び成長する時期へと移行することになるのですが、何らかの原因により改善しないケースもあり、さらに頭髪が成長する状態は普通は2年から5年程度は持続するのですが、これが半年程度にまで短くなってしまい、抜けた後も中々生えてこなくなります。
育毛メソセラピーで使用する成分には、これらの問題をトータルで解消できる能力を有しているので、毛母細胞の分裂が正常な状態に回復させることにより、頭髪の成長サイクルが普通の状態に戻り薄毛が改善する結果につながります。

例えば、男性の薄毛の大半はAGAとも呼ばれている男性ホルモン型脱毛症という症状で、テストステロンという成長ホルモンが変化して作られるDHT という物質と毛乳頭の男性ホルモン受容体が結びついたことにより、前頭部から頭頂部にかけての頭髪の成長サイクルが狂わされてしまいます。
この症状を改善するための治療薬がフィナステリドで、DHTの生産に関与しているⅡ型5α還元酵素の活性を阻害することにより、原因物質を抑制することで狂わされていた成長サイクルを正常化することで改善するという内容です。
ただし、DHTはテストステロンをサポートするために生産されている物質であり、特に男性性器の発育という部分に関しては非常に重要な役割を担っており、これを抑制することにより未熟な状態にとどまってしまうという危険があります。
このために、未成年や妊娠中の女性、妊娠している可能性がある女性は副作用に見舞われる危険があるのでフィナステリドを服用することは禁止されています。
その点、育毛メソセラピーであれば未成年や女性などのフィナステリドを禁止されている人には、これ以外の成分を使用するという柔軟性があるのが魅力で、AGA以外の薄毛も改善することが可能であり、また最先端治療としては手頃な費用で受けられるのも特徴で、経済的な部分でも負担が軽いという長所を備えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です