ミノキシジルを配合した育毛剤「ロゲイン」

男性型脱毛症は専門医によって治療を受けることができ、植毛技術や育毛効果のあるヘアケア製品の性能や効果もずいぶん高まっているので、あきらめる必要がなくなってきました。男性型脱毛症は男性ホルモンのテストステロンが前頭部や頭頂部にある5αリダクターゼという物質によってジヒドロテストステロンに変えられ、そのジヒドロテストステロンが毛母細胞の働きを弱め、毛のサイクルを狂わせてしまうことが原因になっていることが明確になり、治療や改善法には5αリダクターゼの出現や働きを抑制したり、頭皮の血行をよくして頭皮に十分栄養をいきわたらせ毛母細胞を蘇らせるなど、薄毛の原因に対して効果のある成分を使って内服薬や外用薬、ヘアケア製品などが作られています。

 
日本皮膚科学会ではAGA病院の治療法のガイドラインを作成し、治療の指標のために使われていますが、その中で「おこなうことを強く勧められる」Aランクとしての成分が、頭皮の血管を拡張して血流を良くし毛母細胞を刺激して発毛を促進するミノキシジル外用薬と5αリダクターゼの働きを抑制し薄毛の原因となるジヒドロテストステロンを作らせないようにする作用があるフィナステリド内服薬とされています。ガイドラインではA、B、C1、C2、Dとランク付けされていてそのランク付けは多くの検証結果のデータに基づき、効果や副作用の有無などを考慮して決められているため、実際には効果があるものでも検証データがないためにランクが低くなっているものもあるのですが、ミノキシジル外用薬とフィナステリド内服薬に関しては検証データもあり有効性も認められているというものなので信頼できる成分なのです。

 
このガイドラインを指標として男性型脱毛症の専門医が治療を行ったり、Aランクの成分を用いた育毛剤やヘアケア商品などが作られているのですが、その中にロゲインという育毛剤があります。それはミノキシジルを5%配合した塗布タイプの育毛剤で、発毛を促すというものですが、ロゲインにはミノキシジルのほかにL-リジンという成分も含まれています。L-リジンは摂取が必要な必須アミノ酸の一つで、薄毛を予防し育毛を促す効果があるうえ、ミノキシジルの効果を高めるという作用もあります。

 
ともと降圧剤として開発されたものですが、副作用として発毛効果があったことで外用薬として用いられるようになり、育毛剤に配合されて、医薬品として販売されるようになりました。そしてそれは医薬品なので軽微ですが、頭皮のかぶれや顔のほてりなどの副作用が出ることもあり、そのような症状が出れば早めに使用を中止して医師の診断を仰ぐ必要があります。

 
ロゲインはミノキシジルを主成分とし、育毛促進の医療効果が認められているものの中で唯一処方箋がなくても購入できるものですが、海外製で日本のドラッグストアなどで購入することができずインターネットなどの輸入代行業者から購入することになります。

 
実は日本でも同じミノキシジルを主成分とする育毛剤が一種類だけ開発され販売されていてそれが第一類医薬品で薬剤師の説明を受けないとドラッグストアなどで購入ができなかったのですが、その育毛剤も現在は通販でも購入することができるようになりました。しかしその製品は値段が高くロゲインの2倍から3倍もするので、続けることで効果を発揮するために何本も購入しなければらないということでロゲインの購入を希望する人が多いのです。

 
しかし輸入代行業者もたくさんあり、値段もそれぞれとなっているのでその業者を選んで購入するときは自己責任となるので、購入時には注意書きや口コミなどを見て、事前にしっかりと効果も副作用なども把握したうえで、輸入代行業者を選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です