AGA病院の治療薬であるミノキシジル内服薬

最近よくテレビなどでもAGAという言葉を耳にしますが、それは男性型脱毛症のことで、薄毛はストレスや病気などが原因で起こることもありますが、男性ホルモンが影響して起こる薄毛や抜け毛のことです。毛には、成長期、退行期、休止期というサイクルがあり、通常は成長期が2難から6年くらいあり、その間に毛母細胞から生まれた毛がどんどん太く長く育っていき、その後十分に成長した毛は退行期を迎えて抜け、またしばらくして同じ毛母細胞から新しい毛が生まれてくるということを繰り返していて、毛母細胞が正常に働いているなら抜けてもまた新しい毛が生えてくるのですが、男性型脱毛症の場合にはテストステロンという男性ホルモンが活発に出る思春期の頃から、そのホルモンが薄毛にさせるジヒドロテストステロンに変化することによって起きてくるのです。

 
それは、前頭部や頭頂部に5αリダクターゼという物質が多く産出されているのですが、男性ホルモンのテストステロンが、その物質によってジヒドロテストステロンに変化させられてしまい、そのジヒドロステロンが毛母細胞の働きを抑えてしまい成長期を通常よりずいぶん短くし、次の新しい毛もなかなか生えてこなくさせてしまうのです。成長期が短いので毛は十分に育たず、短くて細い毛が抜け落ちていくことも男性型脱毛症の特徴となっています。また5αリダクターゼは後頭部や側頭部にはあまりないので薄毛になるのは前頭部や頭頂部であることも特徴です。

 
今ではこのようなメカニズムが分かっているので、5αリダクターゼの産出を抑えるようにするなど男性型脱毛症の改善策も研究されてきて、その治療薬もありAGA病院の治療法として使われています。薄毛対策としては以前からいろいろな成分を配合した育毛剤やヘアケア製品として市販され、カツラを使用したり植毛手術を行ったりすることもありましたが、それらの改善策や治療法の中で、発毛効果や副作用などを検証した結果、どの改善策や治療法が良いのかを日本皮膚科学会でランクづけてガイドラインを作成しています。

 
その中で一番推奨されAGA病院の治療法として使われているのがミノキシジル外用薬とフィナステリド内服薬です。ミノキシジルは頭皮に塗布することで頭皮の血管を広げることで血流を良くし頭皮に栄養をいきわたらせ毛母細胞を刺激して働きを活発にさせる効果があり、フィナステリド内服薬は5αリダクターゼの産出を抑える働きがあるのです。銀座総合美容クリニックではAGA病院の中でも、いち早くミノキシジルの内服薬の処方を開始している病院の1つであり、その効果や安全性は折り紙つきです。詳細を確認したい方はこちらのAGA患者満足度No.1の実態とは? 銀座総合美容クリニック(銀クリ)の口コミと評判を参考にしましょう。

 
しかし検証データが少ないことや副作用などの点からフィナステリド内服薬は男性のみAランクで推奨されますが、女性、特に妊娠中の女性に関しての使用は推奨されないDランクとなっています。またミノキシジル外用薬は検証の結果、発毛に有効で副作用も軽微だったということでAランクで推奨されていますが、もともと降圧剤であるミノキシジル内服薬に関してはリスクがあるということで推奨されていないのですが、そのリスクとは頭髪だけでなく体全体が多毛になったり、頭痛やめまい、吐き気、血圧低下などの副作用が起こる可能性が高いことです。

 
これらの理由や検証結果をもとに日本皮膚科学会は薄毛治療のガイドラインを作成し、医療界のみならず一般にも公開しているので、薄毛に悩む人が、そのガイドラインを参考にすることで、今自分が行っている改善策は有効なのか、副作用はないのかなどを知ることができたり、まず専門医で診てもらう方が良いのかなどを知ることができ、あまり効果がないことやリスクがある可能性がある治療法を長期にわたって行う時間とお金の無駄を省くことができるうえ、早めに専門医に相談することで早めに対処をすることができるというメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です