フィナステリド内服薬

薄毛の原因は、遺伝やシャンプーの仕方が悪くて不潔にしているなどと言われてきましたが、男性ホルモンが原因であることが分かり治療法も確立してきました。男性ホルモンのテストステロンが前頭部や頭頂部にある5αリダクターゼという物質によってジヒドロテストステロンというホルモンに変えられてしまうのですが、そのジヒドロテストステロンが毛のサイクルを乱して薄毛にしてしまうというメカニズムなのです。

 
毛のサイクルは成長期、退行期、休止期とあり、通常なら2年から6年くらいあるはずの成長期が半年から1年という短い期間になってしまうため十分成長していない細くて短い髪の毛が退行期に入り抜け落ちてしまうことになるため、どんどん薄毛になっていくのです。薄毛を改善するためには、頭皮の血行をよくし十分な栄養をいきわたらせることや毛穴をきれいにすること、またテストステロンをジヒドロテストステロンに変えてしまう5αリダクターゼの出現を抑えることが必要になってきます。

 
その治療薬年て日本皮膚科学会がAGA病院の治療法のガイドラインとして一番推奨している薬がミノキシジル外用薬とフィナステリド内服薬で、ミノキシジルは血管を拡張させる働きがあるためミノキシジル外用薬を頭皮に付けることで頭皮の血管を広げて血流を良くし、栄養をいきわたらせることによって毛母細胞の働きを活発にさせるというものです。一方フィナステリド内服薬は5αリダクターゼがテストステロンをジヒドロテストステロンに変えてしまうことを阻止する働きがあり抜け毛を予防するというものです。

 
男性型脱毛症には他にも薄毛を改善するといわれている成分の治療薬や、植毛などの治療法、改善法に関して検証をした結果、効果や副作用の有無などから、日本皮膚科学会が治療法の推奨度によってランク付けをしていて、その中で臨床データも多く効果が見られて副作用も少ないミノキシジル外用薬と男性向けのフィナステリド内服薬の2つだけがAランクに位置づけられているのです。

 
このガイドラインをもとにしてAGA病院の治療法も決められていて、男性型脱毛症と診断された場合はミノキシジル外用薬とフィナステリド内服薬を処方してもらうことができ、それを長期にわたって使用することによって発毛効果が見られるということになります。これらの薬はインターネットでもコストを抑えて購入することができますが、一度はきちんとAGA専門の病院で正しい診断を受けて個々の体調に応じた薬を処方してもらうことが大切で、副作用がないわけではないので自分勝手な判断でいきなり購入して使用することは避けるようにしたいものです。

 
しかし皮膚科学会がAGA病院の治療法の指標のために作成されたガイドラインですが、公開もされているので誰でも見ることができるため薄毛に悩む人はそれを参考にして改善策を考えるとよいでしょう。日ごろ使っている育毛商品に配合されている成分を調べてその成分の推奨度はどのランクなのか、植毛をしたいが日本皮膚科学会で推奨されているのかなどを知ることができるので、効果のない治療法や対策で時間とお金を無駄にすることも防ぐことができ、推奨度が高いことを知って安心してその治療法を行ってみることもできるでしょう。そして早めから自分の希望や予算などを考えて有効な治療法を選ぶことができるため早期改善を望むこともできるのです。

 
このように薄毛に悩みだしても様々な治療法や改善策があり、AGA専門の病院もあるので以前のように悩んだ末にあきらめるということはなくなったので、若いうちから薄毛に悩んでも早めに専門の病院に行って治療を受けることで早めに改善することができるので安心できるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です