女性のための育毛薬「パントガール」

薄毛や抜け毛は男性だけの悩みではなく女性でもあり、特に妊娠や出産後に抜け毛が多くなったり、加齢とともに髪の毛のボリュームがなくなって地肌が見えるようになって来たり、髪の毛が細くなってくるという症状に悩まされることがあります。加齢に従って髪全体が薄くなってくるのは男性型脱毛症の女性版ともいえる「女性男性型脱毛症」なのですが、徐々に進行するので気づきにくく症状が悪化してしまうこともあります。

 
女性男性型脱毛症になる原因は女性にも存在する男性ホルモンの影響で、男性型脱毛症と同じメカニズムで、男性ホルモンのテストステロンが毛根のある毛乳頭に入りこみ、そこで5αリダクターゼ酵素の影響を受けてジヒドロテストステロンに変化し、それが毛母細胞に入って毛母細胞の細胞分裂の働きを抑制してしまうことで発毛を妨げ毛周期を乱してしまうのです。

 
男性と同じようにこのメカニズムが女性の髪の毛でも行われているのですが、女性ホルモンのエストロゲンに毛髪を育てる働きがあるため、エストロゲンの分泌が盛んなころは発毛を妨げるジヒドロテストステロンの働きも抑えることができるのです。しかしエストロゲンの分泌が減少してくるとジヒドロテストステロンの働きを抑えることができずに男性型脱毛症と同じように薄毛になっていくわけです。

 
だから女性ホルモンの量をあまり減少させないために、エストロゲンと同じ働きがあるイソフラボンを多く含む食品やサプリメントなどを摂取することが大切です。
しかし男性型脱毛症が、5αリダクターゼの多く存在する前頭部と頭頂部に顕著に表れるのに対し、女性の場合は髪の毛全体に薄毛の症状が表われてくるのです。それは男性とは違って女性の場合、エストロゲンの分泌量は減少したとはいっても一定量は分泌され続けているからです。だから男性のように前頭部や頭頂部がほとんど毛が生えてこないというものではなく前頭部や頭頂部も薄くてもなくなっていくわけではないのですが、髪は命と言われるほど女性にとって大切な髪の毛が抜けて髪が薄くなっていくことはとても悩むところで、何らかの改善策を求めるものです。

 
男性の薄毛と女性の薄毛ではメカニズムは似ていますが、女性ホルモンも影響しているという点では違うので女性は女性専用の育毛剤が必要になり、実際に女性の薄毛専用の育毛剤がたくさん開発され販売されています。その中にパントガールという育毛内服薬があり、それは髪の健康を保ち育毛効果があるといわれるパントテン酸カルシウム、髪や爪に多く含まれるアミノ酸であるL-シスチンを主として、ケラチン、パラアミノ安息香酸、ビタミンB1などが配合されていて、AGA病院の治療法の指標となる男性型脱毛症の診療ガイドラインには載せられていない成分ばかりですが、女性の男性型脱毛症において有効性が認められ推奨度Aにランク付けされるのはミノキシジル外用薬だけで、飲み薬として推奨度Aのフィナステリド内服薬に関しては女性は臨床データが1件でそれも無効であることが確認でたため「行わないように勧められる」推奨度Dとしてガイドラインに示されているものは内服薬としては用いず、髪の健康に良いもの、育毛に効果のあるものを配合しています。

 
パントガールはドイツで認証され、ヨーロッパではよく知られているもので、絵か月の臨床実験で約9割が効果を実感しているにも関わらず。日本では成分の安全性に不安があるため数が少ない状況となっていますが、東京を含め世界30か国で、重篤なものはもちろん副作用は特に報告されていないので、安心して通販でも購入することができますが、医師に相談して処方をしてもらう方法が一番安全な購入方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です