手頃な費用も魅力の最先端治療育毛メソセラピー

大手かつらメーカーが実施した調査によると、日本人の成人男性の薄毛人口は約1300万人で、約4人に1人の割合ということからアジアでは最も多いことが判明しています。しかし、それでも薄毛でない人の方が多いために目立ってしまい、さらに近年は男性も美容に関する意識が高くなっているので、社会的にも大きな影響を受けてしまい必要以上に悩んでしまうことも少なくはありません。
そこで、現在では様々な薄毛治療の方法が考案されており、医学的にも効果が確認された良質な治療も存在する状況となっているので、薄毛に対して打つ手がなかった過去の時代とは異なり悩みを解消することも可能です。

効果が期待できる薄毛治療の中で特に注目を集めているのが、治療目的に応じてIGF-1、VEGF、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸、銅ペプチド、フィナステリド、ミノキシジル、bFGなどの有効成分を注射器などを用いて頭皮に直接注入し、毛根を復活させて発毛及び脱毛防止効果を得るという育毛メソセラピーという最先端の医療技術です。男性の薄毛に対してだけではなく、女性に対しても実施できるということが魅力であり、生え際や頭頂部など部分的に薄毛になっているタイプでも全体的な軟毛化した様なタイプでも、弱々しい頭髪を強くて太い状態に変えることにより、状態を改善することが可能となっています。
頭髪は、毛根の奥に存在している毛乳頭という部分が毛細血管を通って運び込まれた栄養素を吸収することにより、毛母細胞が分裂して成長するのですが、永久にこの状態が続くのではなく、数年間かけて毛母細胞の活動は低下してしまい、やがて活動を完全に停止することにより寿命を迎えます。そして、健康的な状態であれば再び成長する時期へと移行することになるのですが、何らかの原因により改善しないケースもあり、さらに頭髪が成長する状態は普通は2年から5年程度は持続するのですが、これが半年程度にまで短くなってしまい、抜けた後も中々生えてこなくなります。
育毛メソセラピーで使用する成分には、これらの問題をトータルで解消できる能力を有しているので、毛母細胞の分裂が正常な状態に回復させることにより、頭髪の成長サイクルが普通の状態に戻り薄毛が改善する結果につながります。

例えば、男性の薄毛の大半はAGAとも呼ばれている男性ホルモン型脱毛症という症状で、テストステロンという成長ホルモンが変化して作られるDHT という物質と毛乳頭の男性ホルモン受容体が結びついたことにより、前頭部から頭頂部にかけての頭髪の成長サイクルが狂わされてしまいます。
この症状を改善するための治療薬がフィナステリドで、DHTの生産に関与しているⅡ型5α還元酵素の活性を阻害することにより、原因物質を抑制することで狂わされていた成長サイクルを正常化することで改善するという内容です。
ただし、DHTはテストステロンをサポートするために生産されている物質であり、特に男性性器の発育という部分に関しては非常に重要な役割を担っており、これを抑制することにより未熟な状態にとどまってしまうという危険があります。
このために、未成年や妊娠中の女性、妊娠している可能性がある女性は副作用に見舞われる危険があるのでフィナステリドを服用することは禁止されています。
その点、育毛メソセラピーであれば未成年や女性などのフィナステリドを禁止されている人には、これ以外の成分を使用するという柔軟性があるのが魅力で、AGA以外の薄毛も改善することが可能であり、また最先端治療としては手頃な費用で受けられるのも特徴で、経済的な部分でも負担が軽いという長所を備えています。

女性のための育毛薬「パントガール」

薄毛や抜け毛は男性だけの悩みではなく女性でもあり、特に妊娠や出産後に抜け毛が多くなったり、加齢とともに髪の毛のボリュームがなくなって地肌が見えるようになって来たり、髪の毛が細くなってくるという症状に悩まされることがあります。加齢に従って髪全体が薄くなってくるのは男性型脱毛症の女性版ともいえる「女性男性型脱毛症」なのですが、徐々に進行するので気づきにくく症状が悪化してしまうこともあります。

 
女性男性型脱毛症になる原因は女性にも存在する男性ホルモンの影響で、男性型脱毛症と同じメカニズムで、男性ホルモンのテストステロンが毛根のある毛乳頭に入りこみ、そこで5αリダクターゼ酵素の影響を受けてジヒドロテストステロンに変化し、それが毛母細胞に入って毛母細胞の細胞分裂の働きを抑制してしまうことで発毛を妨げ毛周期を乱してしまうのです。

 
男性と同じようにこのメカニズムが女性の髪の毛でも行われているのですが、女性ホルモンのエストロゲンに毛髪を育てる働きがあるため、エストロゲンの分泌が盛んなころは発毛を妨げるジヒドロテストステロンの働きも抑えることができるのです。しかしエストロゲンの分泌が減少してくるとジヒドロテストステロンの働きを抑えることができずに男性型脱毛症と同じように薄毛になっていくわけです。

 
だから女性ホルモンの量をあまり減少させないために、エストロゲンと同じ働きがあるイソフラボンを多く含む食品やサプリメントなどを摂取することが大切です。
しかし男性型脱毛症が、5αリダクターゼの多く存在する前頭部と頭頂部に顕著に表れるのに対し、女性の場合は髪の毛全体に薄毛の症状が表われてくるのです。それは男性とは違って女性の場合、エストロゲンの分泌量は減少したとはいっても一定量は分泌され続けているからです。だから男性のように前頭部や頭頂部がほとんど毛が生えてこないというものではなく前頭部や頭頂部も薄くてもなくなっていくわけではないのですが、髪は命と言われるほど女性にとって大切な髪の毛が抜けて髪が薄くなっていくことはとても悩むところで、何らかの改善策を求めるものです。

 
男性の薄毛と女性の薄毛ではメカニズムは似ていますが、女性ホルモンも影響しているという点では違うので女性は女性専用の育毛剤が必要になり、実際に女性の薄毛専用の育毛剤がたくさん開発され販売されています。その中にパントガールという育毛内服薬があり、それは髪の健康を保ち育毛効果があるといわれるパントテン酸カルシウム、髪や爪に多く含まれるアミノ酸であるL-シスチンを主として、ケラチン、パラアミノ安息香酸、ビタミンB1などが配合されていて、AGA病院の治療法の指標となる男性型脱毛症の診療ガイドラインには載せられていない成分ばかりですが、女性の男性型脱毛症において有効性が認められ推奨度Aにランク付けされるのはミノキシジル外用薬だけで、飲み薬として推奨度Aのフィナステリド内服薬に関しては女性は臨床データが1件でそれも無効であることが確認でたため「行わないように勧められる」推奨度Dとしてガイドラインに示されているものは内服薬としては用いず、髪の健康に良いもの、育毛に効果のあるものを配合しています。

 
パントガールはドイツで認証され、ヨーロッパではよく知られているもので、絵か月の臨床実験で約9割が効果を実感しているにも関わらず。日本では成分の安全性に不安があるため数が少ない状況となっていますが、東京を含め世界30か国で、重篤なものはもちろん副作用は特に報告されていないので、安心して通販でも購入することができますが、医師に相談して処方をしてもらう方法が一番安全な購入方法です。

AGA病院の治療法で使われるケトコナゾールシャンプーとは

AGA病院の治療法としては、投薬による治療が中心に行われており、その投薬の元となる治療薬のすべてが海外で開発された薬となっています。そのような背景から日本ではAGA治療薬としては未認可ながら海外でAGA治療薬として使われている薬も多く、そのひとつがケトコナゾールになります。

 

 

そもそもAGAは、男性型脱毛症のことで、主に加齢による脱毛が始まるにはまだ早い50代までの人で起こるものを指しており、毛の育成サイクルが不正常になることで発生しますが、その原因としては生活環境による頭皮環境の悪化や男性ホルモンの影響などが考えられています。毛の育成サイクルは成長期、退行期、休眠期のサイクルを経て絶えず生え変わっていますが、このサイクルが乱れることで正常な発毛が困難になり、それが次第に薄毛へとつながり最終的には脱毛症となってまったく毛が生えないケースもあります。脱毛症のうち局所的に現れるものはストレス性か、何らかの疾患が考えられますが、それ以外の全体的に生え際が後退するといったものや、頭頂部のみ薄くなるといった場合にはAGAに該当します。

 

 

AGA病院の治療法は、その原因を突き止め、それに合わせて投薬を行うのが一般的で、投薬ではミノキシジルやフィナステリドといった有効成分が配合された薬が使われます。ミノキシジルはもともとは血管拡張剤として開発された薬ですが、副作用として発毛効果が確認されて、改めて発毛剤として使われており、発毛剤としてはアメリカではロゲイン、日本ではリアップなどの商品名で知られ、発毛効果が確認されている有効成分として一般にも広く知られており、AGA病院の治療法でもスタンダードに処方される薬ですが、メカニズムとしてはミノキシジルの成分が頭皮で留まることで、効果を得られるものであるため、継続して使用する必要があります。一方で、フィナステリドは前立腺肥大症の治療薬として開発されたもので、男性ホルモンに作用する薬でしたが、それが脱毛の原因となる男性ホルモンにも作用するため、脱毛を抑えることができます。フィナステリド自体に発毛効果はありませんが、脱毛の原因を内側から抑えることで毛の成長サイクルを正常化することが可能で、口コミや臨床データでも高い発毛効果を示しています。

 

 

一方で、近年使われるようになってきたのが、ケトコナゾールシャンプー世界でもっともよく使われている真菌防止の作用があるシャンプーとして知られています。このケトコナゾールの有効成分の働きとしては、もともとは水虫やカンジダなどの真菌性の抗菌薬として開発されたものでしたが、副作用として発毛効果があります。国内では真菌治療に対して病院で処方されている外用薬として知られていますが、AGA治療薬としては認可されていませんが、臨床データによれば、ケトコナゾールは、フィナステリドと同様に男性ホルモンを抑制する効果があることおがわかっており、1998年には2%のケトコナゾールシャンプーと2%のミノキシジル外用薬の効果は同等という論文も発表され、またフィナステリドを単独で使ったり2%のミノキシジル外用薬を単独で使うよりも、フィナステリドと2%のケトコナゾールシャンプーを併用して使う方が発毛の効果が強いという論文も発表されています。

 

 

ケトコナゾールを利用する場合には、従来の真菌治療に使われるクリームを塗るタイプとシャンプーにその成分が配合されているものを使うことになりますが、人によっては刺激が強く出る場合もあり副作用も出るリスクがあるので、利用のさいにはミノキシジルやフィナステリドと同様に医師の経過観察をしてもらう必要があります。

ミノキシジルを配合した育毛剤「ロゲイン」

男性型脱毛症は専門医によって治療を受けることができ、植毛技術や育毛効果のあるヘアケア製品の性能や効果もずいぶん高まっているので、あきらめる必要がなくなってきました。男性型脱毛症は男性ホルモンのテストステロンが前頭部や頭頂部にある5αリダクターゼという物質によってジヒドロテストステロンに変えられ、そのジヒドロテストステロンが毛母細胞の働きを弱め、毛のサイクルを狂わせてしまうことが原因になっていることが明確になり、治療や改善法には5αリダクターゼの出現や働きを抑制したり、頭皮の血行をよくして頭皮に十分栄養をいきわたらせ毛母細胞を蘇らせるなど、薄毛の原因に対して効果のある成分を使って内服薬や外用薬、ヘアケア製品などが作られています。

 
日本皮膚科学会ではAGA病院の治療法のガイドラインを作成し、治療の指標のために使われていますが、その中で「おこなうことを強く勧められる」Aランクとしての成分が、頭皮の血管を拡張して血流を良くし毛母細胞を刺激して発毛を促進するミノキシジル外用薬と5αリダクターゼの働きを抑制し薄毛の原因となるジヒドロテストステロンを作らせないようにする作用があるフィナステリド内服薬とされています。ガイドラインではA、B、C1、C2、Dとランク付けされていてそのランク付けは多くの検証結果のデータに基づき、効果や副作用の有無などを考慮して決められているため、実際には効果があるものでも検証データがないためにランクが低くなっているものもあるのですが、ミノキシジル外用薬とフィナステリド内服薬に関しては検証データもあり有効性も認められているというものなので信頼できる成分なのです。

 
このガイドラインを指標として男性型脱毛症の専門医が治療を行ったり、Aランクの成分を用いた育毛剤やヘアケア商品などが作られているのですが、その中にロゲインという育毛剤があります。それはミノキシジルを5%配合した塗布タイプの育毛剤で、発毛を促すというものですが、ロゲインにはミノキシジルのほかにL-リジンという成分も含まれています。L-リジンは摂取が必要な必須アミノ酸の一つで、薄毛を予防し育毛を促す効果があるうえ、ミノキシジルの効果を高めるという作用もあります。

 
ともと降圧剤として開発されたものですが、副作用として発毛効果があったことで外用薬として用いられるようになり、育毛剤に配合されて、医薬品として販売されるようになりました。そしてそれは医薬品なので軽微ですが、頭皮のかぶれや顔のほてりなどの副作用が出ることもあり、そのような症状が出れば早めに使用を中止して医師の診断を仰ぐ必要があります。

 
ロゲインはミノキシジルを主成分とし、育毛促進の医療効果が認められているものの中で唯一処方箋がなくても購入できるものですが、海外製で日本のドラッグストアなどで購入することができずインターネットなどの輸入代行業者から購入することになります。

 
実は日本でも同じミノキシジルを主成分とする育毛剤が一種類だけ開発され販売されていてそれが第一類医薬品で薬剤師の説明を受けないとドラッグストアなどで購入ができなかったのですが、その育毛剤も現在は通販でも購入することができるようになりました。しかしその製品は値段が高くロゲインの2倍から3倍もするので、続けることで効果を発揮するために何本も購入しなければらないということでロゲインの購入を希望する人が多いのです。

 
しかし輸入代行業者もたくさんあり、値段もそれぞれとなっているのでその業者を選んで購入するときは自己責任となるので、購入時には注意書きや口コミなどを見て、事前にしっかりと効果も副作用なども把握したうえで、輸入代行業者を選ぶことが大切です。

AGA病院の治療薬であるミノキシジル内服薬

最近よくテレビなどでもAGAという言葉を耳にしますが、それは男性型脱毛症のことで、薄毛はストレスや病気などが原因で起こることもありますが、男性ホルモンが影響して起こる薄毛や抜け毛のことです。毛には、成長期、退行期、休止期というサイクルがあり、通常は成長期が2難から6年くらいあり、その間に毛母細胞から生まれた毛がどんどん太く長く育っていき、その後十分に成長した毛は退行期を迎えて抜け、またしばらくして同じ毛母細胞から新しい毛が生まれてくるということを繰り返していて、毛母細胞が正常に働いているなら抜けてもまた新しい毛が生えてくるのですが、男性型脱毛症の場合にはテストステロンという男性ホルモンが活発に出る思春期の頃から、そのホルモンが薄毛にさせるジヒドロテストステロンに変化することによって起きてくるのです。

 
それは、前頭部や頭頂部に5αリダクターゼという物質が多く産出されているのですが、男性ホルモンのテストステロンが、その物質によってジヒドロテストステロンに変化させられてしまい、そのジヒドロステロンが毛母細胞の働きを抑えてしまい成長期を通常よりずいぶん短くし、次の新しい毛もなかなか生えてこなくさせてしまうのです。成長期が短いので毛は十分に育たず、短くて細い毛が抜け落ちていくことも男性型脱毛症の特徴となっています。また5αリダクターゼは後頭部や側頭部にはあまりないので薄毛になるのは前頭部や頭頂部であることも特徴です。

 
今ではこのようなメカニズムが分かっているので、5αリダクターゼの産出を抑えるようにするなど男性型脱毛症の改善策も研究されてきて、その治療薬もありAGA病院の治療法として使われています。薄毛対策としては以前からいろいろな成分を配合した育毛剤やヘアケア製品として市販され、カツラを使用したり植毛手術を行ったりすることもありましたが、それらの改善策や治療法の中で、発毛効果や副作用などを検証した結果、どの改善策や治療法が良いのかを日本皮膚科学会でランクづけてガイドラインを作成しています。

 
その中で一番推奨されAGA病院の治療法として使われているのがミノキシジル外用薬とフィナステリド内服薬です。ミノキシジルは頭皮に塗布することで頭皮の血管を広げることで血流を良くし頭皮に栄養をいきわたらせ毛母細胞を刺激して働きを活発にさせる効果があり、フィナステリド内服薬は5αリダクターゼの産出を抑える働きがあるのです。銀座総合美容クリニックではAGA病院の中でも、いち早くミノキシジルの内服薬の処方を開始している病院の1つであり、その効果や安全性は折り紙つきです。詳細を確認したい方はこちらのAGA患者満足度No.1の実態とは? 銀座総合美容クリニック(銀クリ)の口コミと評判を参考にしましょう。

 
しかし検証データが少ないことや副作用などの点からフィナステリド内服薬は男性のみAランクで推奨されますが、女性、特に妊娠中の女性に関しての使用は推奨されないDランクとなっています。またミノキシジル外用薬は検証の結果、発毛に有効で副作用も軽微だったということでAランクで推奨されていますが、もともと降圧剤であるミノキシジル内服薬に関してはリスクがあるということで推奨されていないのですが、そのリスクとは頭髪だけでなく体全体が多毛になったり、頭痛やめまい、吐き気、血圧低下などの副作用が起こる可能性が高いことです。

 
これらの理由や検証結果をもとに日本皮膚科学会は薄毛治療のガイドラインを作成し、医療界のみならず一般にも公開しているので、薄毛に悩む人が、そのガイドラインを参考にすることで、今自分が行っている改善策は有効なのか、副作用はないのかなどを知ることができたり、まず専門医で診てもらう方が良いのかなどを知ることができ、あまり効果がないことやリスクがある可能性がある治療法を長期にわたって行う時間とお金の無駄を省くことができるうえ、早めに専門医に相談することで早めに対処をすることができるというメリットがあります。

フィナステリド内服薬

薄毛の原因は、遺伝やシャンプーの仕方が悪くて不潔にしているなどと言われてきましたが、男性ホルモンが原因であることが分かり治療法も確立してきました。男性ホルモンのテストステロンが前頭部や頭頂部にある5αリダクターゼという物質によってジヒドロテストステロンというホルモンに変えられてしまうのですが、そのジヒドロテストステロンが毛のサイクルを乱して薄毛にしてしまうというメカニズムなのです。

 
毛のサイクルは成長期、退行期、休止期とあり、通常なら2年から6年くらいあるはずの成長期が半年から1年という短い期間になってしまうため十分成長していない細くて短い髪の毛が退行期に入り抜け落ちてしまうことになるため、どんどん薄毛になっていくのです。薄毛を改善するためには、頭皮の血行をよくし十分な栄養をいきわたらせることや毛穴をきれいにすること、またテストステロンをジヒドロテストステロンに変えてしまう5αリダクターゼの出現を抑えることが必要になってきます。

 
その治療薬年て日本皮膚科学会がAGA病院の治療法のガイドラインとして一番推奨している薬がミノキシジル外用薬とフィナステリド内服薬で、ミノキシジルは血管を拡張させる働きがあるためミノキシジル外用薬を頭皮に付けることで頭皮の血管を広げて血流を良くし、栄養をいきわたらせることによって毛母細胞の働きを活発にさせるというものです。一方フィナステリド内服薬は5αリダクターゼがテストステロンをジヒドロテストステロンに変えてしまうことを阻止する働きがあり抜け毛を予防するというものです。

 
男性型脱毛症には他にも薄毛を改善するといわれている成分の治療薬や、植毛などの治療法、改善法に関して検証をした結果、効果や副作用の有無などから、日本皮膚科学会が治療法の推奨度によってランク付けをしていて、その中で臨床データも多く効果が見られて副作用も少ないミノキシジル外用薬と男性向けのフィナステリド内服薬の2つだけがAランクに位置づけられているのです。

 
このガイドラインをもとにしてAGA病院の治療法も決められていて、男性型脱毛症と診断された場合はミノキシジル外用薬とフィナステリド内服薬を処方してもらうことができ、それを長期にわたって使用することによって発毛効果が見られるということになります。これらの薬はインターネットでもコストを抑えて購入することができますが、一度はきちんとAGA専門の病院で正しい診断を受けて個々の体調に応じた薬を処方してもらうことが大切で、副作用がないわけではないので自分勝手な判断でいきなり購入して使用することは避けるようにしたいものです。

 
しかし皮膚科学会がAGA病院の治療法の指標のために作成されたガイドラインですが、公開もされているので誰でも見ることができるため薄毛に悩む人はそれを参考にして改善策を考えるとよいでしょう。日ごろ使っている育毛商品に配合されている成分を調べてその成分の推奨度はどのランクなのか、植毛をしたいが日本皮膚科学会で推奨されているのかなどを知ることができるので、効果のない治療法や対策で時間とお金を無駄にすることも防ぐことができ、推奨度が高いことを知って安心してその治療法を行ってみることもできるでしょう。そして早めから自分の希望や予算などを考えて有効な治療法を選ぶことができるため早期改善を望むこともできるのです。

 
このように薄毛に悩みだしても様々な治療法や改善策があり、AGA専門の病院もあるので以前のように悩んだ末にあきらめるということはなくなったので、若いうちから薄毛に悩んでも早めに専門の病院に行って治療を受けることで早めに改善することができるので安心できるようになりました。

ARTAS植毛

皮膚科によるミノキシジルをはじめとする内服薬の処方の場合は副作用が気になる。薬局で販売されている育毛剤や発毛剤そしてサプリメントは、効果がすぐにあらわれないだけでなく毎日の塗布も面倒という不安が頭をよぎりつつも、進行すればするほど高い発毛効果にすがりたくなる薄毛。悩みのある人に対するAGA病院の治療法は、近年、ますますバリエーションが増えていますが、高い確率で発毛効果があるとされているAGA病院の治療法として、自毛植毛があげられます。一般的に自毛植毛を行うときには、薄毛の原因とも言われている男性ホルモンの影響が少ない後頭部からドナーを採取しますが、採取には手術を要するため傷跡が残るだけでなく、短髪の場合はどうしても目立ってしまいますし、再びドナーを採取するさいには場合によっては傷跡が広がってしまうというデメリットが生じてしまいます。
そんな従来の自毛植毛によるデメリットを克服しつつ、副作用のない自毛植毛のメリットを最大限に生かす最新式の自毛植毛が、人間の英知を投入したロボットによるARTAS植毛であり、肉体的にも精神的にも苦痛や負担が軽減されるだけでなく、術後のケアという面においても多くのメリットがあるAGA病院の治療法です。

 

一般的な自毛植毛は医師の手術によって後頭部からドナーを採取する手法をとりますが、この方法ですと術後に傷跡が残るだけでなく時間がかかるため患者の心身にかかる負担が多く、また手術する医師の技術にも大きく左右されるという特徴があります。この従来型の自毛植毛と比べてコストの面では高くなるものの、植毛ロボットを駆使した最新式の自毛植毛であるARTAS植毛は、ドナーを採取する部分をデジタル画像の解析によって瞬時に分析するため、極めて短時間かつ質の高い毛包を採取できることはもちろんのこと、従来の自毛植毛のように切らないので傷跡が残ることはなく、せいぜい一日か二日間位かさぶたができる程度で見た目にも採取したことがわかりません。

 
さらにARTAS植毛は、AGA病院の治療法のなかでは最も最新鋭のテクノロジーを駆使した治療法であり、ドナーの採取も一時間で500本以上も可能であることから、人間が手術で行うスピードの数倍もの早さで治療が進み、しかも移植する株を一株ずつ細い針で採取するために質の高いドナー採取を実現しつつも、従来型の自毛植毛のように抜糸のために通院する必要もなく一回で施術が終了します。移植した毛については、一ヶ月程度で一度は抜け落ちますが、三ヶ月経ったあたりから産毛のような細い毛が生えはじめ、約一年程で太い毛へと成長を遂げます。

 

 

従来の自毛植毛では肉体的にも精神的にも不安や苦痛の原因でもあった傷跡が残らないARTAS植毛は、AGA病院の治療法として今後も更なる発展が期待されているだけでなく、傷跡が残らないためにオシャレなショートヘアーも楽しめるため、さまざまな悩みから解放されるバリエーションが増えるというメリットがあります。また、ARTAS植毛だけでも十分な薄毛の解消効果はありますが、ミノキシジルをはじめとする内服薬を処方したり、発毛や育毛を促進する各種セラピーやサプリメントの摂取などを併用することで、よりスピーディーな植毛の効果が期待できます。頭部は日常生活において隠すことができず、特に薄毛は目立ってしまうので、ついつい視線が集まってコンプレックスとなり、仕事や人生そのものへの自信喪失にもつながりかねません。そんな薄毛に悩む人が、手術の傷跡も残さず確実に自毛を移植させる最新式のAGA治療法と出会うことで、ヘアスタイルへのコンプレックス解消だけでなく、仕事や人生にも自信を取り戻していただきたいものです。

AGA幹細胞再生治療の画期的な作用とメカニズム

育毛剤やサプリメントをはじめ、ミノキシジルタブレットなどの内服薬、さらには人工植毛や自毛植毛、頭皮への血流を促すマッサージや体操、そして生活習慣の見直しをはじめとして、AGA治療にはさまざまなタイプがあり普及してはいるものの、これらのどの方法を用いても発毛が期待できなかった深刻な薄毛に対するAGA病院の治療法の最前線ともいうべきものとして、AGA幹細胞再生治療があります。

 
幹細胞再生治療とは、人由来の生きた細胞を生み出す細胞である幹細胞の成長因子を頭皮へ噴射して、頭皮細胞に働きかける治療です。自分の頭皮から毛髪の元となる細胞を採取したり、自分自身の脂肪から幹細胞を取り出したり、他人の健全な細胞を採取するなどして頭皮に注入あるいは噴射しますが、薄毛の進行状況に合わせてミノキシジルなど発毛効果のある薬剤と組み合わせて治療がおこなわれることもあります。

 
幹細胞といえば代表的なものとしてES細胞やIPS細胞があるものの、自分自身の幹細胞を体内へ取り組むことは一般的でないのが現状であるものの、そのいっぽうで幹細胞が排出する幹細胞成長因子の使用は治療費も安価でもあることからAGAの治療にも取り入れられています。薄毛にはさまざまな要因がありますが、一般的に治療の方針としては、衰えている頭皮細胞や毛母細胞の働きを活発化させて発毛を促すというものです。幹細胞の成長因子は、そんな頭皮細胞や毛母細胞の働きを修復するだけではなく、新しい血管を形成したり、毛髪の環境を最適化したり、毛髪周期の活性化を促したり、さらには抗酸化作用もあります。これらが複合的に作用して、発毛や増毛が促進され、健やかに毛髪が成長する期間を保持します。

 
幹細胞の成長因子は、次のようなさまざまな種類が含まれています。たとえば、毛髪を構成するうえで不可欠なタンパク質であるケラスチンを増加を促進させる毛母細胞成長因子、休止期の毛包を成長期へと導く幹細胞増殖因子、皮膚や血管を再生するだけでなく協力な新生血管を形成し頭皮の血流を良くする作用がある塩基性繊維芽細胞成長因子、毛髪のみならず体内の損傷している細胞再生をサポートするインスリン様成長因子、頭皮の血流促進と毛包内の栄養補給に寄与する血管内皮細胞因子、さらには発毛を促進するタンパク質となる血小板由来成長因子といった成長因子が含まれており、基本的には一ヶ月に一回の治療において噴射されます。

 
気になる臨床データについてですが、ミノキシジルをはじめAGA治療に有効とされる薬の処方による治療よりも毛密度が大きく改善されることをはじめ、一平方センチメートルあたりの毛数や毛の太さや毛周期にも大きな改善が見られ、さらに副作用がないという結果が得られています。

 
治療にさいしては、薄毛の進行状況によって幹細胞成長因子だけでなく発毛に必要な有効成分を調合するために医師によるカウンセリングが行われます。治療中は注射ほどではないものの人によってはチクチクと感じるケースがあるものの、幹細胞成長因子によってもたらされる発毛や育毛のメカニズムの効果によって、毛包の成長の活発化のみならず毛包を保護や、有効成分の働きを保護し真皮層まで浸透させたり、毛髪を生物学的に制御することで育毛や発毛の促進をはじめ毛髪そのものの増量に作用します。

 
治療の効果については個人差があるものの、月一回の通院による治療を続けることで、半年から一年の間で発毛の効果があり、他の治療法と比べても高い効果が見られるだけでなく、副作用も少ないといったメリットもあり、これまでAGA治療で思うような結果が得られなかった人にとっては、将来性のある治療方法であります。

AGAスキンクリニックでオリジナルで開発された「Rebirth」とは

薄毛の原因が主に男性ホルモンによるものであることが分かり、AGA専門の病院もでき有効な治療薬が処方されています。

 
男性型脱毛症のAGAは、テストステロンという男性ホルモンが前頭部や頭頂部にある5αリダクターゼという物質によってジヒドロテストステロンという毛母細胞の働きを悪くして毛のサイクルを短くしてしまうホルモンに変えてしまうことが原因であることが分かったのでAGA病院の治療法としては5αリダクターゼやジヒドロテストステロンの働きを抑制したり、また頭皮の血流をよくして栄養をいきわたらせ、毛母細胞に刺激を与えることで毛のサイクルを元の状態に戻していけるような成分を配合した治療薬を処方しています。

 
毛のサイクルは成長期、退行期、休止期とあり、通常なら2年から6年の成長期の間に毛はどんどん太く長く成長していくのですが、ジヒドロテストステロンの影響を受けると、成長期が半年から1年という短い期間となるので、太く長く成長しきれない細くて短い毛が退行期を迎えて抜け落ちていくことになるので、細くて短い毛が抜けるということはAGAの特徴でもあるのです。
さて、AGA病院の治療法の指標となるものに日本皮膚科学会が作成したガイドラインがあり、それにはAGAの治療法、改善法として使われる成分はいくつかあるなかで度の成分が有効性があって副作用が少なくて治療として用いるのに推奨できるかということを臨床データをもとにして推奨度A、B、C1、C2、Dの順にランク付けされています。

 
その中で「行うよう強く勧められる」という推奨度Aとされているのは、ミノキシジル外用薬とフィナステリド内服薬の二つで、ミノキシジル外用薬に関しては臨床データの結果、有効性があり副作用も少ないことで、男性にも女性にもAランクとして推奨されています。フィナステリド内服薬については、5αリダクターゼを抑制する働きがあるものですが、男性に関してだけがAで、女性に関してはDとなっているので、男性においてのみ強く勧められる成分です。

 
そこで、AGA専門の病院ではこの二つの成分を使用した治療薬を処方しているのです。

 
また市販の育毛剤の中にもミノキシジルが配合された育毛剤があるのですが、日本国内でミノキシジル配合の育毛剤を作って一般的に市販されているのは一社のメーカーだけで、他には海外輸入のものや、AGA専門病院が独自で開発して処方しているというものもあります。AGA専門の病院がオリジナルで開発した育毛剤としてRebirthというものがあるのですが、内服用のタブレットと直接頭皮に塗布して毛根に刺激を与える外服用のリキッドがあってセットで数カ月から1年間継続して使用するというものです。外用薬のリキッドは高濃度のミノキシジルが配合され、内服薬のタブレットはミノキシジルを理想的に配合し、その吸収を高めるためのビタミンやミネラル、アミノ酸なども配合され、特許成分も含まれているものです。

 
Rebirthを使用すると、3か月くらいで産毛が生えてきて成長をして太くなり、1年くらいの使用でそれ名まで効果がなかった部分のも改善されるようになり、その後は使用量を徐々に減らしていきながら維持していくというものです。コストは内服薬と外用薬のセットで3万円から4万円くらいして、その病院の診察料や検査料などを含めると5万円くらいかかりますが、実際に使った人からの口コミでは「使用して半年で、前頭部と頭頂部に効果が出てきました」「小さな毛がだんだん生えてきました」というふうに99.4%の人が効果を実感したということがデータで出てきています。
AGAスキンクリニックのRebirthは、病院のオリジナル治療薬なので、その病院に行くことで入手をすることができますが、自分でいろいろな育毛剤を試して効果を感じられないより、専門の病院で医師の診断のもと、有効な治療法を試すことで時間とコストの無駄が省け、効果を実感することができるのです。

HARG療法について

AGA病院の治療法には医薬品を処方して行う方法の他に、HARG療法と呼ばれるAGAの治療法が有ります。そもそもAGAと言うのはどのようなものなのかと言いますと、主に男性の中でも20代から30代にかけての若い男性、40代に入った男性に多く見られる薄毛で、別名男性型脱毛症と呼ばれている薄毛がAGAであり、AGAは遺伝性の脱毛症であることや、そのまま放置しておくと全ての毛髪が抜けてしまうなどの進行型の薄毛であり、早めに治療を行う事が必要であり、尚且つ、治療を行う場合にはAGAの専門医がいる病院での治療を受ける事が脱毛症を克服する秘訣と言われているのです。
AGAのメカニズムと言うのは、遺伝子に関与すると言われており、専門病院では血液を採取してAGAの特定を行い、患者さんの症状に合わせた形で治療を進めて行きますが、多くの病院はプロペシアと言う医薬品とミノキシジルと呼ばれる育毛剤を併用して治療を行う事で、脱毛症を克服し、更に育毛を期待する事が出来ると言う治療法で行われているのです。プロペシアには男性機能を低下させてしまうと言う副作用が稀に起きる事が在ると言われており、病院での血液検査を受ける事が副作用を生じさせないコツとも言います。

 
男性機能と言うのは、精子量の減少、勃起不全、瀬意欲の減退、EDなどであり、これらの症状が現われてしまう事で子孫を残せないなどのデメリットが生じる事が在ると言われており、AGAの専門病院では医師による血液検査を行うなどしたうえで、プロペシアが処方されて治療を進めていく形になるのです。最近はプロペシアを利用しないAGAの治療法も存在しており、その治療法がHARG療法で、HARG療法はプロペシアとは異なり、幅広い薄毛に対して有効で在る事、プロペシアのような副作用が起き無い事、そして男性だけではなく女性の薄毛でもある女性男性型脱毛症(FAGA)とも言われている瀰漫性脱毛症に対しても発毛および育毛の効果が期待できる事からも注目されているのです。

 

 

HARG療法は発毛率が高いと定評がある治療法で在ると同時に、治療を受ける事が出来る人が幅広いなどの特徴を持ちますが、薄毛にはそれぞれ原因が有り、原因を究明する事で治療を可能にしていくことが出来ます。男性型脱毛症は、男性ホルモンの一種のテストステロンと5α-還元酵素とが結びつくことで、テストステロンは別の男性ホルモンでもあるDHTに変換されることになり、DHTはヘアサイクルを乱してしまい、これが原因で抜け毛が多くなり、その結果M字の薄毛やO字の薄毛を作り上げてしまうのです。
プロペシアによる治療法と言うのは、DHTに変換してしまう原因となる5α-還元酵素を阻害する方法であり、5α-還元酵素を阻害する事でテストステロンはDHTに変換されることが無くなるため、薄毛の症状を引き起こす要因を取り除き、ヘアサイクルを正しくするので発毛を期待出来るとしているのです。
しかし、プロペシアに効果を持つのは5α-還元酵素を阻害すると言う作用であり、男性型脱毛症のみに効果を期待出来ると言う特徴を持って居るため、他の薄毛には効果が無いのです。
HARG療法はAGA病院の治療法の一つとして注目されている手法であり、男性のみならず女性でも発毛や育毛の効果を期待する事が出来ますし、様々な薄毛に対する効果を期待出来る事からも注目が行われているのです。尚、この治療法は頭皮に直接HARGカクテルを注入すると言う治療法で、HARGカクテルは患者さん一人一人に合ったものを調合して注入すると言う特徴があり、これには多種多様な成長因子を初め、発毛や育毛に効果を持つ様々な栄養分となるビタミン類、アミノ酸などの有効成分が含まれていて、これらの成分が固有の効果を発揮するため、発毛や育毛の効果を期待出来ると言われているのです。HARG療法のパイオニアであるHARG治療センターの値段やその治療内容の詳細はこちらに記載してあるので、カウンセリングに行かれる際には、事前にチェックすることをおススメします。